中小企業活力増強のためのITサービス・レシピ

日本商工会議所が「IT導入補助金」に応募しやすくするための

中小企業活力増強のためのITサービス・レシピ

というのを公表してますね。

このレシピは、業種別にどのようなITツールを使うとどのような効果が得られるかをまとめたものです。

この中で気になったのが「製造業」のITツールで3次元CADのFusion360が記載されていたことですね。

3Dプリンター向けに作られたサブスクリプション型の3次元CADで、安価なのに高性能なので最近人気が出てきているようです。

ちなみに私も個人的に使っています。

以前だったらSolidWorksが主流化と思いましたが、3次元CADの業界もなかなか競争が激しくなってきましたね。
3次元CADも種類が豊富なので、自社の規模などに合わせた製品選びが大切かと思います。

いきなり小規模企業者が安易にCATIAとかに手を出すと痛い目を見るかもしれません。

製品選びはくれぐれも慎重に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)