大学を有効活用するTLO

今年の2月から、私は産学連携コーディネーターとして「株式会社三重ティーエルオー」というところで仕事をしています。

近年では、国の経済政策として産学官の連携を強く推している風潮があり、私たち産学連携コーディネーターというのも一般の企業と大学などの学術研究組織との連携を促進する役割があります。

そんな中で、平成10年に「大学等技術移転促進法」という法律が施行されました。

この法律によって大学のなかに埋没してしまっている研究成果や技術特許を企業に移転して事業化してもらうことを促進する取り組みが開始されました。

その一環として、全国にTLO(Technology Licensing Organization:技術移転組織)が作られました。

私が所属している(株)三重ティーエルオーは、地域に根差した三重大学の価値を高め、地元産業の活性化のために三重大学を有効活用してもらうことを目的とした会社です。

大学内に埋没してしまっている研究成果や技術特許などを見出し、企業様の抱えている課題解決にむけてマッチングをしていくことが主な業務内容です。

最近では企業様の人材不足解消に向けた人材マッチングや紹介事業も行っています。

正直、私自身はこの仕事を始めて間もないため、自分自身でもどのように業務を遂行していけばいいのか手探り状態です(^^;)

私自身も勉強していかなければならないのですが、調べた結果またなにか皆様のお役に立てる情報がありましたらお知らせしていきたいと思います。

田中保憲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)