意外と手軽な3Dプリント

設計技術研修の講師として入っている企業さんにて、

3Dプリントを活用したデジタルものづくりのデモンストレーションしてきました。

あと、こちらでは航空機産業に参入しているので、こんなことできるよというプロモーション活動に使ってもらおうと、航空機のフィギュアを作って差し上げました。

F-4ファントム戦闘機の積層データ


F-4ファントム戦闘機の3Dプリントモデル


B737旅客機の3Dプリントモデル

意外と簡単にできます。

実は、この3Dプリントのための3Dデータは自分で作っていません。

3Dプリンターを活用する場合には、必ず3Dデータが必要になります。

多くの人が3次元CADやCGなどといった、3Dデータの作成で躓きます。

3Dスキャナで取り込むのも実は結構大変だったりします。

しかし、今や3Dデータを自分で作る必要はありません。

3Dデータを入手するためのWebサイトがあるからです。

今では3Dデータを配信しているサイトはたくさんあるので、ここでは全部紹介できません。

まずは、今回私が3Dデータを入手したWebサイトだけご紹介します。

「Thingiverse」(シンギバース)

アメリカのレップラップ系3Dプリンター最大手(今はストラタシス社の傘下)の、

MakerBot社が運営する、3DデータのSNSサイトです。

アメリカのサイトなので、すべて英語なのは難点ですが、それでもアップロードされている3Dデータの数が半端ないです。

ぜひこうしたサイトも活用しながら、楽しいモノづくりライフを満喫してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)